ヘルプ

雲間より月読のつと現れん如き予感に塔を見て居り

写真: 雲間より月読のつと現れん如き予感に塔を見て居り

写真: 綿の宮殿の王女 Princess at the Cotton Castle 写真: 蒼穹のミナレット~エスファハーン Minaret against Blue Sky

    *くもまより つくよみの つとあらわれん ごときよかんに とうをみており

ポーランドのザモシチの旧市街(世界遺産)のマーケット・スクウエアの市庁舎塔(53m) 2016/06/20
The town hall tower at market square in Zamość, Poland.

アルバム: 公開

お気に入り (36)

36人がお気に入りに入れています

コメント (22)

  • MR2

    日本と違い、東欧では何世紀も前の建物が現役なので、何時ごろの建築なのか判らない事も多いですが、歴史を感じさせてくれますね。

    2016年11月30日 11:28 MR2 (40)

  • ひげだいら(休止中)

    異国には異国の美。
    陸続きのヨーロッパには地政、人種、宗教など複雑に絡み、
    融和もあり、血の歴史もあり、それも人類の歩みですね。

    2016年11月30日 11:40 ひげだいら(休止中) (6)

  • tora(お休みします)

    あの激しいナチスの破壊から免れたのですね~♪

    2016年11月30日 12:12 tora(お休みします) (25)

  • ちくら(chikura)

    MR2さん、早速のコメントありがとうございます。
    今から約400年前に建てられた建物が現役です。石造と木造の違いでしょうか。ちなみに、ちくらは還暦前に老朽化して現役引退、すでに廃墟の様相を呈しています(笑)
    イタリア出身の建築家であるベルナルド・モランドが建築を指示した後期ルネサンス建築が完璧な姿で残っている街です。

    2016年11月30日 13:40 ちくら(chikura) (0)

  • ちくら(chikura)

    ひげだいらさん、コメントありがとうございます。
    バルカン半島の小国を旅して、陸続きの国の苦難を実感しました。
    日本が朝鮮半島と陸続きであったならば、また違った歴史を辿ったであろうことは疑う余地がありませんね。

    2016年11月30日 13:48 ちくら(chikura) (0)

  • ちくら(chikura)

    toraさん、コメントありがとうございます。
    ウクライナに近い辺境の田舎町だったのが幸いして戦火を免れたのでしょう。
    ウクライナのリヴィウからバスで国境を越えてこの街を目指しましたが、不案内のせいで乗り過ごしてしまい、ルブリンまで行って引き返しました。街の地図を持っていなかったので、ザモシチのバス停でうろうろしていたら、若い女性(英文学専攻の大学生)が助け舟を出してくれました。その親切に感じいりました。

    2016年11月30日 14:01 ちくら(chikura) (0)

  • fam

    これまたすばらしいですね~世界遺産の街並 夕暮れ時の青い空綺麗ですね~

    2016年11月30日 15:09 fam (43)

  • nekomama

    ポーランドってこんな街なのね・・
    短歌の意味も何となく分かりました・・

    2016年11月30日 16:10 nekomama (38)

  • ちくら(chikura)

    famさん、嬉しいコメントありがとうございます。
    市庁舎(塔)の右側に浅緑色・オレンジ色・赤色・青色の順で建物が並んで明るい感じです。

    2016年11月30日 22:08 ちくら(chikura) (0)

  • ちくら(chikura)

    nekomamaさん、コメントありがとうございます。
    ここはポーランドといっても、ウクライナに近い田舎町なので、ワルシャワやクラクフのような都会の喧騒がありません。見てください、このだだっ広い広場を。人影が疎らです。

    2016年11月30日 22:14 ちくら(chikura) (0)

  • 萩の郎女

    万葉集の世界を彷彿とさせるような短歌と異国ロマンが融合しているようで、不思議な感覚に襲われています。

    2016年12月1日 22:53 萩の郎女 (0)

  • ちくら(chikura)

    萩の郎女さん、コメントありがとうございます。
    過分のお褒めの御言葉に随喜の涙がこぼれそうですが、万葉集を引き合いにだされると、穴に入りたいほど恥ずかしいです。
    丸1週間ダウンしたフォト蔵が復旧してやっとコメントのお返しができました。
    ダウンして4,5日はどうしたものかと気を揉みましたが、1週間もすると復旧してもしなくてもどうでもよいという気になってきますから、不思議ですね(笑)

    2016年12月8日 22:17 ちくら(chikura) (0)

  • nophoto_70_mypic.gif

    ポーランド、日本にはない風景ですね。
    市庁舎を含む市街が世界遺産とは素晴らしいですねぇ~^^v

    2016年12月10日 01:30 退会ユーザー

  • SF Studio

    ナイスビューですね

     コマ? コマは外周を重くし、あらゆる摩擦抵抗を減らすことですね

    2016年12月10日 23:15 SF Studio (134)

  • ちくら(chikura)

    キャサリンさん、コメントありがとうございます。
    近郊に観光地が点在するクラクフと違って訪れる観光客が少ないので、長閑な田舎町に不似合な建物があるという感じでした。

    2016年12月12日 09:47 ちくら(chikura) (0)

  • ちくら(chikura)

    SF Studioさん、コメントありがとうございます。
    17時頃ウクライナとの時差に気付いて、カメラも腕時計も1時間戻しましたので、Exif情報は正確です。
    独楽の情報、ありがとうございました。中国や台湾には、面白い形の独楽があって土産にいくつか買ったことがあります。

    2016年12月12日 10:00 ちくら(chikura) (0)

  • キタタキ

    素敵な時間帯に撮られましたね。異国情緒漂ってます。ポーランドは凄く苦労してきた印象があるけど、400年前の建物も残ってると聞いて、少し気が休まりました。

    2016年12月12日 22:02 キタタキ (4)

  • ちくら(chikura)

    キタタキさん、コメントありがとうございます。
    この時期なかなか暗くならないので、20:20ホテルに戻って洗濯を済ませ、22時再度外出してこの写真を撮りました。
    ワルシャワから離れたウクライナに近い辺境の地の利が保存に役立ったのは、京都と奈良の関係に幾分似ているかもしれません。

    2016年12月12日 23:52 ちくら(chikura) (0)

  • パール

    世界遺産 美しい町ですねぇ夜なのにまだ明るく見えます、

    2016年12月13日 20:21 パール (7)

  • ちくら(chikura)

    パールさん、コメントありがとうございます。
    この時期はなかなか暗くなりません。写真は22時過ぎています。肉眼ではもっと暗いのですが。

    2016年12月13日 22:07 ちくら(chikura) (0)

  • Hoshico

    中欧の街、歴史的建築物の素敵な夜景ですね^ ^
    遠く離れた海外でも、ふと日本を想うことってありますよね。

    2016年12月16日 08:21 Hoshico (3)

  • ちくら(chikura)

    Hoshicoさん、コメントありがとうございます。
    ここまで来ると観光客の数も目に見えて少なくなって、夜空の月を仰ぎながら柄にもなく「旅愁」などという言葉を思い出しました。

    2016年12月16日 08:44 ちくら(chikura) (0)

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。